審査に通らないならば信用情報を確認しましょう

与信が通らない時は一度自分の信用情報を確認してみた方がいいでしょう。過去に延滞などがない人でも、審査に通らない理由が分かるかもしれません。

 

信用情報とは

個人の支払い能力にまつわる情報のことです。貸金業者はこれを照会して審査を行っています。現在、割賦販売法や貸金業法の規定に基づき、「CIC(Credit Information Center)」と「JICC(日本信用情報機構)」の2社が金融庁から指定信用情報機関として指定を受けており、このほかにも全国銀行協会が運営する「全国銀行個人信用情報センター」があります。登録されている情報は両者で多少異なりますが、主に氏名・住所・生年月日・勤務先などの本人を識別するための情報、加盟するカード会社や信販会社などから送られてくる契約内容や支払状況、そして加盟会社が信用情報を照会した履歴などです。また、各社相互交流があり、延滞などのネガティブ情報に関しては共有が行われています。ソフトバンクが誤登録していたことが発覚して問題となりましたが割賦販売で購入したものも登録されており、携帯電話の機種代を分割で支払っている場合もこれに含まれます。こうした情報は過去5年間記録されており、うっかり携帯料金を延滞してしまった経験がある人などは、カード入会時の審査に影響を与えている可能性があるのです。各機関ともに有料ですが申請すれば開示してもらうことができます。重要な情報ということもあり、どれも開示方法は面倒ですが、CICやJICCはインターネットで手続きすることも出来ます。各機関の開示方法は下の表にまとめましたので、詳しくは各社のホームページなどで確認してください。

 

どのような情報が載っているのか?

実際にCICで開示した信用情報には自分が契約している(または契約終了から5年以内)カードごとに同様の情報が記載されており利用状況がまるわかりです。支払いが正確に行われたかだけでなく、各カードの限度額(極度額)や利用残高が記載されています。カード会社がこれを見れば、ユーザーが申し込み時に入力した年収や家族構成などから、どのくらい支払い余力があるのかは、ある程度想像がつくでしょう。ムダにカードが多すぎる場合などは、解約してから新たに申し込むなどの対策も必要です(ただし審査に落ちた時に困るカードは解約しないこと)。

 

信用度の確認方法

また、入金状況の欄に「$」がついていたら請求通りに入金があったことを示しています。カードの利用自体がない場合は「−」マークがつきます。あまり「−」が多すぎる人は、申し込んでもカードを使わない人とみなされる場合もあるため、定期的なカード利用も審査を通るうえで大切な要素です。ちなみに延滞した場合は「A」と記録され、当然ながら審査に大きく悪影響を与えます。気を付けておきたいのは転職した人です。転職したことをカード会社に報告していないと、転職前に作ったカードと転職後に作ったカードで勤務先が異なることになります。勤続年数が信用情報とつじつまが合わないことになると与信する際に悪い印象を与えるので注意してください。

 

申込みブラックとは
そしてこれとは別に、カードの申し込み履歴も半年分登録されています。あまり頻繁に申し込みをしていると、不正な目的があるのではないかと怪しまれてしまうので、なかなか審査に通らない人は半年間待ってみましょう。カード会社の審査基準は年齢や年収の目安が表記されるくらいで、それ以外は完全非公開ですが、客観的に見て印象の悪い情報は、当然審査にもマイナスの影響を与えます。せっかくおトクなカードを見つけても、審査に通らなければ意味がありません。クレジットヒストリーを磨いて、理想のカードラインアップを実現させましょう。

 

 

各信用情報機関の情報開示方法

 

  CIC JICC

全国銀行
個人信用情報センター

インターネット

対応時間:毎日821
料金:1000円(クレジットカード払い)

不可 不可
電話

対応時間:毎日821
料金:1000円(クレジットカード払い)
※スマートフォン不可

対応時間:24時間365
料金:1000円(クレジットカード、コンビニ払いなど)

不可
郵送

申し込みから10日程度
料金:1000円(定額小為替証書)

申し込みから710日程度
料金:1000円(クレジットカードまたは定額小為替証書)

申し込みから710日程度/1000円(定額小為替)
窓口

窓口所在地:札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡
対応時間:平日1012時・1316
料金:500円(現金)

窓口所在地:東京・大阪
対応時間:平日1012時・1316
料金:500円(現金)

項目4

 

 

問題がなかったら現金を借りましょう